愛知の庭や日記 2

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | -
モデルガーデン再び〜お庭の防犯対策 草どめ対策〜
JUGEMテーマ:ガーデニング
 

ドライミストへの関心がかなり高まっています。



今回はリピートのお客様 N様邸の防草対策の施工事例をご紹介いたします。



着手前です。
着手前



写真では草原の中で無邪気に遊ぶ少女のイメージですが、セイタカワダチソウを含む雑草の草原。

ほっておけば、ただの草むらになってしまいます。

毎年草刈りが大変なことや、お孫さんを元気にお庭で遊ばせるため草刈りを軽減させるため防草シートはりと砂利敷きのご注文をいただきました。






まずは根までカラしてくれる除草剤の散布をしました。
除草


今回使用した薬剤は「ラウンドアップマックスロード茎葉処理移行型除草剤の為 土への残留がなく、非常に安全性の高い除草剤です。

見事にラチとなりました。



続いて、整地をします。
床均し
不陸がないように整地をしないとシートが破れやすくなります。
防草シートを長持ちさせるための ワンポイントです。


防草シートを敷き人力にて砂利を敷きならします。
砂利均し

連日の猛暑の中、職人さんたちには 頑張っていただきました。

今回使用した砂利は白川砂利3分 粒子が小さめの砂利ですが、踏むとかなり大きな音が出ます。
防犯対策もこれで完璧です。




洋風の家にもマッチさせるためワンポイントでまぁるく芝を貼りました。
芝はり状況
キュートなイメージを壊さないための一工夫です。


完成しました!
完成
洋風にも和風にもマッチするご提案です。
前面の花壇にはハーブが植えられる予定です。

完成全景
ブランコを置くと 素敵なガーデンになりますね。





風のガーデン画像
ご旅行中の工事でいろいろとご心配をおかけしましたが、きっとご満足していただける工事になったと思います。





N様今回もご用命いただきましてありがとうございました。

今後とも末永いおつきあいをお願い致します。
素敵なガーデンに成長していただけることを祈っています。


posted by トダカ フミナリ | 日本庭園 | comments(4)
日本庭園の作り方   石の庭続編
JUGEMテーマ:エクステリアガーデン

石の庭進捗状況です。
植物到着
本日植物たちが到着しました。 

少しオーバースペックな気がしますが・・・。個性的な樹形の樹木ばかりです。


石の庭間もなく

ここからが腕の見せどころ。

ため息と涙が止まらない庭に仕上げていきます。



涙は春までお預けかもしれません。

冬の庭づくりの宿命ですね。

カーテンをあけて素晴らしい日本庭園の全貌をお楽しみにです。
posted by トダカ フミナリ | 日本庭園 | comments(0)
和風庭園  ガーデンアクセントに橋を・・。
 

大きな和風庭園のお仕事をいただきました。
モミジ紅葉画像

といっても お得意先の岐阜県のとあるゴルフ場様です。

昔からたびたびお仕事をさせていただいてるのですが、今回は橋の老朽化のため架け替え工事のご依頼をお受けしました。





着手前です。
着手前
ヒノキの橋なのですが、デッキ部分が腐り落ち大変危険な状況でした。




既存の橋を撤去し鉄骨を組みます。
土台鉄骨





そのころ工場では一流の大工さんが仮組をしています。
橋仮組ミリ単位の加工を外の環境でやるのは難しいし、機材も足りません

木材のわずかなひねりなども関係してきます。

仮組の時点で何度も修正していますのでかなりの時間と技術が必要です。 

仮組で100%にしておかないといけないのです。

今回は 少し太鼓型なので仮組の加工調整に10日かかりました






次に現場に搬入し、鉄骨配置の確認 鉄骨とのボルト固定の穴の位置の確認 対角の確認をして一個目を並べてみる。
袖縦





確認状況荷物を固定する道具で両側から締め、隙間を無くすこれをやらないと 笠木が入りません。




いたはり板を張っていきます。
コウランがあるので切り欠き加工をしながら張っていきます。




そして 完成です。
完了全景

和風のお庭に赤い橋。
今回はお客様の希望でフェラーリレッドに塗装してあります。

木材はもちろんエコアコールウッド。水辺で使用しても安心です。
完成イメージ



わがティーズガーデンスクエアは大きな工事もたびたび施工させていただいております。
前回の大工事はトンネルを作りましたこちらからご覧ください。


posted by トダカ フミナリ | 日本庭園 | comments(0)
瓦小端積み 坪庭の作りかた ガーデンアクセントに・・・。

伝統の素材から生まれる新しい可能性〜三州瓦〜


瓦イメージ 

今回の施工例は私のデザインではないのですが、お世話になっている工務店さんからの依頼で施工のみのご依頼を頂きました。

坪庭の施工事例です。


着手前です
着手前

そして完了です。
完了バック


さてさて、作っている工程をご説明いたします。
根府川石

最初に根府川石をすえつけました。水鉢の据え台となる予定です。

根府川石はもう閉山してしまって採取することが出来ない希少価値の高い石です。
重量は100キロを超えていました。
搬入路が人一人まともに通ることが出来なかったためかなりシンドイ作業となりました。

続いて敷き瓦の据付です。
瓦据付作業状況

直角平行が命となるデザイン瓦。 一つ一つ形が違うため細心の注意が必要です。


瓦完了
瓦の据付が完了しました。タンタンとしたリズムが素敵です。

続いて植栽で息を吹き込みます。



植栽が完了しました。
植栽完了



そして砂利を敷き均します。
完了全景

さまざまな素材のコントラストがくっきりと表現されました。
ただ少し定員オーバーな気がします。
私だけでしょうか・・・・・。

完了サイド

サイドに位置するこの和室からの眺めが私的には好きです。

根府川石もこの方向がメインになるよう据え付けてあります。




皆さんもその、自転車置き場になってしまってる少しのスペース。

リ・ガーデンされて癒しの空間にされてはいかがでしょうか?




posted by トダカ フミナリ | 日本庭園 | comments(0)
癒しの日本庭園

私が日本人であることを誇りに思う瞬間



それは素敵な日本庭園が作ることが出来たときです。



S様邸完了しました。
 
景石イメージ

かなり前のプログでご報告した思い出がいっぱい詰まったお庭を施工させていただけることになりました。




着手前です。
着手前全景


着手前バック




思い出と植物がいっぱい詰まりすぎて歩くこともままなららい、状態でした。
着手前中間






とにかく作業することも満足に出来なかったので植物を移植することにしました。

移植スタート


大きな吐き出し窓前にあった クロガネモチは日当たりが悪くなってしまっていたので、オーナー様の了解をえて、伐採することにしました。



跡地に大きな景石を据えるため 伐根をしています。

人力でしか作業できないため 大変苦労しました。
モチ伐採



重さ2t近くある大きな石を庭の端から端へ移動しています。

いまどきの庭士さんでこの方法を知っている人はどれくらいいるのでしょうか?
ケイセキ移動
丸太で三脚を組み 滑車で持ちあげ 少しづつ移動します。



石の据付がおおむね完了しました。
飛び石完了



続いて
石張り完了
縁石で利用していた石は全て敷石として利用し 熊野古道を表現しました。
今の状態では分かりにくいですよね。
これから庭の魔法使い二人にに登場してもらいます。





完了です。
完了全景
まあ なんてことでしょう。



もちろん苔が魔法使いって事は皆さんお気づきですよね。
もう一人の魔法使いは、そうです。真っ白にぬられた古いブロック塀です。

白く壁を塗ることにより緑が映える効果はもちろん強度も若干ですが上がります。
まさに一石二鳥の効果です。



S様邸特別色を一級塗装技能士の職人さんに現場でブレンドして作ってもらったので そのマッチングはすばらしい仕上がりです。
完了バック

完成された「まなざし」をご覧になられたときオーナー様はものすごく興奮されたままお電話をいただきました。


毎朝 カーテンを開けるのが楽しみで ワクワクしてしまうそうです。



お客様に感謝してもらう仕事ってすばらしいですね。






「数分間、幸せでありたいのならば、詩を読みなさい

 数時間、幸せでありたいのならば、酒を呑みなさい
 
 一生、幸せでありたいのならば、庭師になりなさい

            〜インドの哲学者の言葉〜」


S様ご協力ありがとうございました。
もう少し植物が落ち着いたら また写真を撮らせていただきに伺います。








posted by トダカ フミナリ | 日本庭園 | comments(0)
Infomation
愛知の外構・ガーデン・エクステリアの専門店 ティーズガーデンスクエア です
世界一の庭を手がけたデザイナーがあなたのためのお庭創ります。
相談から完成。そしてメンテまで・・・
Entries
Categories
Archives
Comments
Bookmarks
Recommend
ツイッターです。使い方がよくわかっていませんが・・・。
いらっしゃいませ
2008・11から
新しいティーズガーデンスクエアブログです。
庭や日記3
アクセス解析
Others
ウォールはこちらから